抹茶とは

抹茶は、覆下栽培で育てられた緑茶の茶葉を細く挽き粉末にしたものです。

覆下栽培により茶葉の葉緑素が増え、ストレスと戦い、特有の甘みと甘みを持つ抗酸化アミノ酸「テアニン」の保存を助けます。

他のお茶は茶葉をお湯に浸し摂取されますが、抹茶はまるごと茶葉を摂取することになるため、より多くの栄養素を吸収することができます。

茶葉の加工

茶葉の収穫は春に始まります。

春の収穫時期の数週間前、茶葉は日光を遮るために覆われます。

それにより、葉緑素とアミノ酸が増幅します。

この遮光の工程こそが、抹茶特有の健康作用と強く深い旨みをもたらします。

荒茶


酸化を防ぐため、収穫された茶葉は蒸され、乾燥され、ゆっくりと水分が抜かれます。

これにより「荒茶」という状態の加工されていないお茶が出来ます。


 

仕上げ


仕上げとして、茶葉はふるい分けられ、石臼で切断された後、大きさと色により分類されます。

乾燥された茶葉は品質もチェックされ、最高級の品質の茶葉のみが茶室でも使用できる上級の抹茶に選定されます。

このように挽いて形を整えられた茶葉は「碾茶」と呼ばれます。


石挽き

最後に、碾茶は石臼により、きめ細やかな粉に挽かれます。

現代において殆どのお茶は機械により挽かれますが、数時間で数グラムしか製粉できない手臼挽きも行われています。